"Modern Furniture" & "Vintage Cycle" - PALMS//「PALMS」で取り扱うヴィンテージサイクルの紹介と、Mid Century ModernなFurnitureショップ「Modern Fureniture PALMS」のブランド&デザイナー紹介blogです。 思わぬ掘り出し物がきっと見つかるblogです。
--/--/-- (--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/01/22 (Wed)
イモビライザー

DSCN1421.jpg

リモコン内臓のキーは、リモコンのボタンが傷みやすい。

我が家のシトロエンのキーも例外ではなく、ボタンの部分が抜けて穴が開いてしまいましたので、キーのケースだけを買ってきて、中のリモコンの基盤とキーを新しいケースに入れ替えました。


ほら、どうですか?新車のキーのようになったでしょう!


と、ここまでは良かったんです。

問題は翌朝。

昨日まで調子よかったシトロエンのエンジンがかかりません。キーのケースは替わりましたが、キーそのものは替わっていません。

どうなってしまったのか???


古い捨てられたほうのケースをよく見ると・・・・パッと見、何も無いように見えたケースの片隅に、真っ黒の小さな四角い物が。

ケースの一部にしか見えなかったこの四角いものこそ、イモビライザーだったんです。キーの山と、イモビの信号が一致して初めてエンジンがかかるのでした。

ホント最近の車は厄介ですね。





楽天市場PALMSホームぺージ
AMAZON PALMSホームぺージ
YAHOO! ショッピング ホームページ

スポンサーサイト

AUTO | trackback(0) | comment(0) |


2013/01/28 (Mon)
今乗ってるのは シトロエン C3!

高校生のころ、非常に影響を受けた映画の1つが「アメリカングラフィティ」。

 黄金の1950年代のアメリカが、次第に影を落とし始めた1962年のカリフォルニアの、小さな町の、たった一夜の青春映画、大きなアメリカの小さな小さな落書きのようなちっぽけなエピソードの数々(これを訳すとアメリカングラフィティ=アメリカの落書き となる)を綴った物語です。

 たくさんの豊かな時代のアメリカ車、シェビーベルエア、フォードエドセル、キャディラックフリートウッド、56年サンダーバードなどなどとロックンロールの映画でもありました。

 今観ても、胸がきゅんとなるB級映画の最高傑作です。この映画に影響され、この映画を教科書としていた人は本当に多かったと思います。

 
 この映画を観た後、サンフランシスコにあるMEL'Sドライブイン(劇中の店とは別物)にも行ってきたりしました。


そこで、問題です。

主人公の愛車は、何だったでしょうか?




意外や意外。主人公のカートの愛車は、シトロエン2CVなんです。
アメ車とロックンロールの映画の主人公の車がシトロエン?
(この時代は、まだアメリカにシトロエンが輸出されていました)
監督ジョージルーカスのこだわりが感じられます。

僕は、アメグラの影響で、フランス車好きのアメ車好きになってしまいました。


そのシトロエン2CVのオマージュともいえる車が、2002年にデビューしたシトロエンC3。



DSCN9890-1_edited.jpg

 あれっ?エグザンティアの最終型の革張りを買ったんじゃなかったっけ?確かに1997年のエグザンティアを265000キロまで乗った後、最終型のエグザンティアを買いましたが、事情があって、年末、このC3に買い換えたというわけです。


 なかなかいい車です。センソドライブといって2ペダルのマニュアルというかパドルシフトなんです。

このC3には、スカイルーフといって後部座席の頭上までガラスになったルーフ(前半分はスライディングルーフ)がついていて往年の2CVっぽさを感じさせてくれます。


DSCN9877-1.jpg


 そしてなんといってもこの車の美点は、燃費の良さ!上手に走れば高速道路であれば19.2キロ/L。市街地のちょこちょこ走りでも10キロ/L以上。スズキアルトよりも燃費はいいです。

 先日、群馬からの帰り道、高速道路入り口で燃料計が最後の1目盛であることに気づきましたが、給油に間に合わずそのまま高速に入っていきました。どこまで行けるのか?


 埼玉県を縦断、東京都も縦断、神奈川県相模原の国道16号あたりで燃料計が0になりました。最後の1目盛でも結構遠くまで行けるものですね。
 


 今後の課題は、ボディ同色バンパーモールを黒い無塗装の樹脂モールにすることです。







楽天市場PALMSホームぺージ
AMAZON PALMSホームぺージ
YAHOO! ショッピング ホームページ

AUTO | trackback(0) | comment(0) |


2013/01/21 (Mon)
PONTIAC AZTEKを知っているか?

DSCN9858.jpg

"P"で始まる車は、ポルシェを除いてだいたい好きなんです。プジョー、プリムス、プルリエル、ピカソ、プロトンなどなど・・・

そんななかで、以前からすごく気になっている車があります。それはPONTIAC AZTEK 2001。





DSCN9859.jpg

 なんといってもデザインがすごくて、4駆で、リヤに専用のテントも張れて、シートも取り外せて、リヤカーゴトレイは、収納したまま取り外して持ち運べたり、もうなんでもかんでも出来ちゃう車なんです。

DSCN9860.jpg

 すごい車です。コレクターズアイテムとしてシトロエン プルリエルと共に保存しておきたい!そんな車です。


40503361-pontiac.jpg

 でもなぜかあまり売れてなさそう。

なんかやりすぎたんでしょうか・・・・あるいは、決定的に何か足りなかったんでしょうか?





(若いころPONTIACの90年式グランダムクーペに乗っていたことがあります。すごく好きでした。)









楽天市場PALMSホームぺージ
AMAZON PALMSホームぺージ

AUTO | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/03 (Mon)
こんなすごい趣味があったとは!レトロバス

レトロバス

 日曜日、またまた群馬、高崎のガトーフェスタ ハラダへ行ってきました。

ガトーラスクとプレミアム(フランスのミルクチョコレートがラスクにかかったもの)を買ってきました。

ここのラスクは本当においしいんです。

そのとき、ハラダの工場前にすごい車(バス)を発見!

トリコロールのカラーリングは、ここハラダによく合っていました。ここの包装も同じトリコロールなんです。

しかも塗装の状態もすごくいい。新たに塗っているようです。


ガトーラスク グーテ・デ・ロア


レトロバス

 昭和49年製いすゞ製のレトロなバス。なぜここにこんなバスがあるんだろうと、写真を撮りながら待っているとラスクの買い物を終えた10名ほどの団体さんが乗り込んできました。

 このバスは個人の持ち物のようで、お友達とこのバスで旅行を楽しんでいるとのことでした。

こんな楽しい趣味があったのか!と関心してしまいました。

「バスファン」とかいうバスのマニア向けの雑誌が存在することは知っていましたが、こんな風に楽しんでいたんですね。


レトロバス

 運転席も撮らせていただきました。

レトロバス

 時計もレトロ!

レトロバス

いすゞの大きなエンブレム。


しかし、駐車場はどうするんでしょうね?

ここガトーフェスタ ハラダの駐車場は、工場見学などの団体さん向けに観光バス対応の駐車場だからいいですけど、普通こんな大きさの駐車場ってなかなか無いですよね。

AUTO | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/01 (Sat)
エグザンティア26万5千キロ!でも来週お別れです。

97 xantia !

 このブログでたびたび報告させていただいていました、ぼくのシトロエン エグザンティアですが、来週車検が切れるのを機に、お別れすることになりました(涙)。

 うちに来たときにすでに 158000キロだった97年エグザンティアは、もう 265000キロを超えました。
一般に過走行という域に完全に達した車ですが、走りはほんとに素晴らしく、ハイドロシトロエンの魔法の絨毯のような乗り心地は失われていません。また、オートマチックトランスミッションもまだまだ調子良く、くたばる様子はまだ見られません。日本車でも15万キロを越える前にミッション交換する車が数多く存在することを思えば本当に優秀です。

 維持費は本当に安く、故障もほとんどありませんでした。90年代のシトロエンを維持するのも、現代の日本車を維持するのもさほど大きな違いはありません。いい意味で一般的なイメージを裏切ってくれる車でした。

 調子良く乗り続けるコツは、距離が増えてもいいから毎日の足として乗ることだと思います。フランス車はやはり実用車ですから・・・

 27万キロに手が届きそうなエグザンティアですが、生まれ故郷のフランスの中古車情報を見ると、これぐらいの距離を走ったエグザンティアは、まだ売り物として立派な価格がつけられてたくさん売られています。日本では考えられませんね。

 少し前まで車検を受けるつもりでしたが、革張りの最終型エグザンティア(限定車のSX、2001年式)が見つかったこともあって、乗り換えることにしました。 (ナンバープレートが、古い「名古屋35」という2桁のものなので、それを切るのは、ちょっと惜しい感じもありましたが・・・)
 

 来週以降このブルーのエグザンティアは、廃車にするつもりですが、もし欲しいという方がいらっしゃったら、高値(?)でお譲りいたします(笑)。お早めにご連絡ください。


 

 

AUTO | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

プロフィール

ヴィンテージ自転車とModern Furnitureのお店、PALMSです。

(株)パームス

メールでのお問い合わせはコチラをクリック

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。