"Modern Furniture" & "Vintage Cycle" - PALMS//「PALMS」で取り扱うヴィンテージサイクルの紹介と、Mid Century ModernなFurnitureショップ「Modern Fureniture PALMS」のブランド&デザイナー紹介blogです。 思わぬ掘り出し物がきっと見つかるblogです。
--/--/-- (--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/05 (Sun)
お気に入りの場所

aq7
aq6

 今日は、愛車74年PEUGEOT UO8で近所にある、お気に入りの場所に行ってきました。PALMSがある本山から北に走ると平和公園があって、その北の端にこのアクアタワーがあります。


aq5


 この最上階の展望室は、名古屋中が見渡せます。


aq2

 高さ40メートル、標高120メートルの展望室の南には、名古屋港や、同じタワーである東山タワーが見えます。
東山タワーと違って、こちらは入館無料です。しかも訪れる人もまばらで、この時期涼みに行く場所としてはいい場所です。そんなわけで、たまにここに来ています。

aq3

 東には愛知万博をやった会場が見えます。

aq1

 西には、JRセントラルタワー。手前の集合住宅の向こうに見えるのは愛知県がんセンターです。

aq4

 ここは、水道局の施設ということもあって、おいしい名古屋の水道水が飲めます。(昔、名古屋の水道水の缶詰っていうのもありましたよね)


 aq8

 帰りに、自由が丘の駅のところにある豆花で「しろいたいやき」を買って帰りました。(あん、カスタード、チョコ、マンゴー、キャラメル) キャラメルが意外においしかったです。 

スポンサーサイト

食べ物 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/10 (Fri)
MOTOBECANE SUPER MIRAGE!

MSM1

ちょっと大きめのフレームのMOTOBECANE(モトベカン)SUPER MIRAGE。かっこいいです。色の組み合わせも気品があり、フランスのエスプリを感じます。1980年ごろのものです。

シートチューブ(C-C)575ミリですから、すくなくとも173センチ以上の身長は必要だと思います。モトベカンらしくブレーキはWEINMANNです。(セーフティレバー付のレバーはダイヤコンペ製)ディレイラーはサンツアーVです。

MSM3


 少し肩の上がったフランスっぽいドロップハンドルは、モトベカンオリジナル。それにモトベカンとユッチンソン製の革巻き風のカバー。握った感触もよく、路面の衝撃も吸収します。

MSM2

サンツアーVのディレイラーとサンツアーのフリー。その向こうにある金属の円盤(なんという名前か知らないんですが・・・・)は、HURET(ユーレー)製です。

(30年近く前のものですから使用感、きず、塗装のはがれ、汚れは、当然あります。)
チェーン、タイヤは新品です。

96000円




自転車 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/19 (Sun)
PALMSの近所の風景

AG1

 MOTOBECANモトベカンの試運転を兼ねて近所をはしってみました。PALMSは愛知学院前ということもあって学校関係の建物が多い地域にあります。ここも、数分の場所にある愛知学院の歯学部の建物で、相当歴史を感じさせるものです。


AG2

 坂を下りるとこれまた歴史を感じる古い道場が見えてきます。合気道や少林寺拳法の道場のようです。

AG3

 最初に紹介した塔と道場を一緒に撮ってみました。ここの横に城山八幡宮があります。城山八幡宮はもともとは城で、織田信長の父、信秀が住んでいた場所です。

 今回、試運転したMOTOBECANEです。少し大きめですが、、乗りやすい自転車です。


MBSM1




自転車 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/28 (Tue)
自転車乗っていますか?

mmm1

 大雨が降ったり、暑かったり、自転車乗りにはちょっとキビシイ日々が続いてますが、自転車、乗ってますか? 

 お盆が明けるころには、こんな元気な色のMOTOBECANEモトベカンや、PEUGEOTプジョーが入荷します。入荷したらまたここで紹介します。お楽しみに!

自転車 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/31 (Fri)
エグザンティアをリフレッシュ

304

 いつもPALMSの整備をお願いしているKさん宅で、僕のエグザンティアの足回りを整備しました。ここは、沢山のシトロエン2CVやHトラックなんかがあって、手前の赤いカブリオレは70年代のPEUGEOT 304だったりします。こんな環境で作業しました。

xan1

 ここのところ、なんかカタカタ音がすると思っていたんだけど、犯人は、スタビでした。
ついでに急所であるマウントも交換。

 それと、2日ぐらい前から坂道を登っているときなんかにシャックリをするようになったなーと思っていたので、プラグコードを見ると接触してすこし溶けていました。それも引きなおして解決。


 中期型である、96、97年は、エグザンティアのなかでもベストだと思いますが、ここのところ激減していて、とくにセダンは、ほとんど見つかりません。97エグザンティアオーナーの悩みは、次に乗る車も97エグザンティアがいいけど、はたして程度のよいものが見つかるのか?というものです。

 98年以降のAL4のミッションと違い、ZFを搭載していますが、これが、意外といいんです。燃費はよくないですが、耐久性があり、無理な走り方をしなければ20万キロ越えは余裕です。

 そんなこともあって、98以降のエグザンティアは、エグザンティア乗りには人気がありません。

97年エグザンティアは、大切に乗らなきゃいけませんね。

さて、エグザンティアのリヤゲートといえば、お約束のクリア剥げのザラザラというのがあります。僕のも例外ではなく、ザラザラでした。

xan2

で、今回は、 ペーパーで磨き、表面を平らにして、クリアをふきつけてみました。すると塗装よりは劣るものの、艶のも出て、白っぽさもなくなり、ちょっと離れれば、全く分からないレベルまできれいになりました!
 


AUTO | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

ヴィンテージ自転車とModern Furnitureのお店、PALMSです。

(株)パームス

メールでのお問い合わせはコチラをクリック

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。