"Modern Furniture" & "Vintage Cycle" - PALMS//「PALMS」で取り扱うヴィンテージサイクルの紹介と、Mid Century ModernなFurnitureショップ「Modern Fureniture PALMS」のブランド&デザイナー紹介blogです。 思わぬ掘り出し物がきっと見つかるblogです。
--/--/-- (--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/31 (Fri)
エグザンティアをリフレッシュ

304

 いつもPALMSの整備をお願いしているKさん宅で、僕のエグザンティアの足回りを整備しました。ここは、沢山のシトロエン2CVやHトラックなんかがあって、手前の赤いカブリオレは70年代のPEUGEOT 304だったりします。こんな環境で作業しました。

xan1

 ここのところ、なんかカタカタ音がすると思っていたんだけど、犯人は、スタビでした。
ついでに急所であるマウントも交換。

 それと、2日ぐらい前から坂道を登っているときなんかにシャックリをするようになったなーと思っていたので、プラグコードを見ると接触してすこし溶けていました。それも引きなおして解決。


 中期型である、96、97年は、エグザンティアのなかでもベストだと思いますが、ここのところ激減していて、とくにセダンは、ほとんど見つかりません。97エグザンティアオーナーの悩みは、次に乗る車も97エグザンティアがいいけど、はたして程度のよいものが見つかるのか?というものです。

 98年以降のAL4のミッションと違い、ZFを搭載していますが、これが、意外といいんです。燃費はよくないですが、耐久性があり、無理な走り方をしなければ20万キロ越えは余裕です。

 そんなこともあって、98以降のエグザンティアは、エグザンティア乗りには人気がありません。

97年エグザンティアは、大切に乗らなきゃいけませんね。

さて、エグザンティアのリヤゲートといえば、お約束のクリア剥げのザラザラというのがあります。僕のも例外ではなく、ザラザラでした。

xan2

で、今回は、 ペーパーで磨き、表面を平らにして、クリアをふきつけてみました。すると塗装よりは劣るものの、艶のも出て、白っぽさもなくなり、ちょっと離れれば、全く分からないレベルまできれいになりました!
 


スポンサーサイト

AUTO | trackback(0) | comment(0) |


<<映画の舞台を訪ねる旅ー釈迦堂口切通 | TOP | 自転車乗っていますか?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mapalms.blog98.fc2.com/tb.php/138-ec9cde61

| TOP |

プロフィール

ヴィンテージ自転車とModern Furnitureのお店、PALMSです。

(株)パームス

メールでのお問い合わせはコチラをクリック

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。