"Modern Furniture" & "Vintage Cycle" - PALMS//「PALMS」で取り扱うヴィンテージサイクルの紹介と、Mid Century ModernなFurnitureショップ「Modern Fureniture PALMS」のブランド&デザイナー紹介blogです。 思わぬ掘り出し物がきっと見つかるblogです。
--/--/-- (--)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/11/27 (Wed)
イサムノグチ AKARIの制作

DSCN9126_edited-1.jpg

ピカソをはじめとする世界の巨匠6人のうちのひとり、アメリカ人彫刻家イサムノグチ。

1951年広島の平和記念公園の橋を作るため向かう途中、鵜飼を見るために岐阜に立ち寄りました。
そこで岐阜提灯に出会い、次の日の晩には光の彫刻AKARIの第一歩となるもののデザインを開始しました。

以来35年にわたり200種類を超えるAKARIを生み出してきました。

上の画像は、AKARIの制作過程がよくわかるものです。

デザイン画をもとに発泡スチロールで原寸大の模型を作ります。
そして放射状に切割ります。(画像左)

それをもとに木型(治具)を作り、竹ひごを巻く位置に切れ込みを入れます。(画像右)

竹ひごを巻き、土佐和紙(AKARIは土佐和紙を使用しています。岐阜だから美濃和紙と思い込んでる方も多いようです。)を張り付け、乾いたら治具を畳んで抜き取ります。

イサムノグチ氏の治具がある限り、AKARIはイサムノグチの作品であり続けるのです。


AKARI工場見学


1988年イサムノグチ氏がニューヨークでお亡くなりになった5年後、日本ではPALMSでAKARIの販売が開始され、今日まで20年にわたってPALMSの主力商品であり続けています。

DSCN9153-33.jpg


↓イサムノグチのAKARIのご購入はこちらから!
楽天市場PALMSホームぺージ
AMAZON PALMSホームぺージ
YAHOO! ショッピング ホームページ

スポンサーサイト

Modern Furniture | trackback(0) | comment(0) |


<<あたらしい年に向けてAKARIのシェードをリフレッシュ | TOP | 一番好きなネルソン!キューブグループ テーブル>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mapalms.blog98.fc2.com/tb.php/498-387fb3ba

| TOP |

プロフィール

ヴィンテージ自転車とModern Furnitureのお店、PALMSです。

(株)パームス

メールでのお問い合わせはコチラをクリック

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。